{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

OOF Magazine - Issue 11

1,980 JPY

About shipping cost

OOF11!これはサッカーチームのメンバーの数でもある。もしOOFがサッカーチームのメンバーだとしたら…。想像してみてほしい。この号はトリッキーなウイングであり、巧みにチャンスを生み出し、圧倒的な美しさの瞬間を提供し、優雅でエレガントに動く。11号は背番号11、とも言える。いや、私も何が言いたいのかよくわからない。 というのも、この号は全面的にアートが満載だからだ。ホモフォビアに挑むJJゲスト、帝国主義の歴史に挑むハンク・ウィリス・トーマス、マッチョのたわごとに挑むディスコフット、ウェスト・ヨークシャーの霧雨に挑む富越正秀。大きなタックルアート。他にも、サッカーに興じる少年たちの愛らしく優しいポートレートを描いたシャンタル・ヨッフェや、アマチュア・キックアバウトへのラブレターを描いたマーティン・カザニエッツ、そして美しく、複雑で、問題だらけのガッサ(ポール・ガスコイン)もいる。 JJ Guest | Chantal Joffe | Martin Kazanietz | Discofoot | Gazza | Hank Willis Thomas | Masahide Tomikoshi OOF 11! That's a whole team's worth of issues. If OOF Magazines were individual members of a football team – right, just imagine – then this issue would be its tricky winger, artfully creating chances, delivering moments of sheer beauty, moving with grace and elegance. Issue 11 as a Number 11, you could say. No, I'm not sure where this is going either. And it's bollocks anyway, because this issue is full of in-your-face, full-frontal art. JJ Guest tackling homophobia, Hank Willis Thomas tackling the history of imperialism, Discofoot tackling macho bullshit, Masahide Tomikoshi tackling... drizzle in West Yorkshire. Big tackle art. But elsewhere we've got Chantal Joffe's lovely, tender portraits of young boys playing football, Martin Kazanietz's love letters to amateur kickabouts and we've got Gazza; loads and loads of beautiful, complicated, problematic Gazza. <Information> Country: UK Language: English Size: 160×240mm Pages: 70 <Profile> OOF アートの文脈からサッカーにまつわる事象を紐解くイングランド発祥のフットボールカルチャー誌。様々なアーティストの表現するフットボールとアートの融合によって、見るものに新たな視点を提供する。 https://www.oofmagazine.com/ https://www.instagram.com/oof_magazine/

Sale Items