{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/3

OOF Magazine - Issue 10

1,870 JPY

About shipping cost

  • Cover: Cryuff Turn, 1974 WC (image1)

    1,870 JPY

  • Cover: Pele crying, 1958 WC (image2)

    1,870 JPY

  • Cover: Tardelli, 1982 WC (image4)

    1,870 JPY

*表紙ビジュアルが4種類ありますが、それ以外の内容は同じです。 個性や独立性、自我を忘れて、真の喜びは集団の中にしかない。真の喜びは、集団の中で、群衆の中でこそ見出されます。それが第10号のテーマです。 ロバート・デイビスのワールドカップの象徴的な瞬間の写真は、スクリーンショットが流行る前のスクリーンショットで、文化的に非常に重要なたった一つの小さな出来事を捉えています。ガレス・ニャンドーロは、ハラレのマーケットに飾られているサッカーシャツをパリのショップと同じように描きました。Noa Klagsbaldは、紛争の中で結束を見出し、Jamie Holmanはテラスにいるクールな子供たちに夢中になり、Mark Titchnerは知恵と心の傷を語ります。Bob Thomasは、スタジアムのうねる写真の中で人間の波に乗り、そして、いくつかのサッカースカーフがあります。すべては、集団的な感情の恍惚のため。それがフットボール。それが人生です。 Forget individuality, forget independence and selfhood: true joy can only be found in the collective, in the crowd. That's what issue ten is about: the collective experience, the overwhelming power of losing yourself in the group. Robert Davies' photos of iconic World Cup moments – screenshots before screenshots were a thing – capture single tiny instances of immense cultural importance; Gareth Nyandoro paints the football shirts that hang in markets in Harare just like they do in the shops of Paris; Noa Klagsbald finds unity in the midst of the conflict; Jamie Holman reveals his infatuation with the cool kids on the terraces; Mark Titchner speaks words of wisdom and heartbreak; Bob Thomas surfs a wave of humanity in an undulating photo of a stadium; and then, there's some football scarves. It's all about the ecstasy of collective emotion. That's football. That's life. <Information> Country: UK Language: English Size: 160×240mm Pages: 72 <Profile> OOF アートの文脈からサッカーにまつわる事象を紐解くイングランド発祥のフットボールカルチャー誌。様々なアーティストの表現するフットボールとアートの融合によって、見るものに新たな視点を提供する。 https://www.oofmagazine.com/ https://www.instagram.com/oof_magazine/

Sale Items