{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/9

Glory - Norway

2,420 JPY

About shipping cost

「Sterkere Sammen」とは、直訳すると「共に強くなる」という意味ですが、この2〜3年が私たちに教えてくれたことでもあります。 男子が最後にメジャーな大会に出場してから20年以上が経過しましたが、過去の超一流チームに匹敵する新世代の才能を持ち、女子もダークホースとして今夏のユーロに臨むノルウェーに、私たちも行くべき時が来たと思いました。 トロムソのファンが中心となって、2022年ワールドカップの開催地をカタールに決定したFIFAに対し、ノルウェーは反対の声を上げる先駆け的存在だったからです。 しかし、なぜノルウェーがワールドカップの開催地決定について議論する必要があると強く感じたのかについて学ぶことは多くありましたが、それはカタールへの反対というよりも、平等、協力、一体感の上に成り立つ社会であることが分かりました。 過去と現在のノルウェーのサッカー界のヒーローたちが、時間を惜しまず、話を聞かせてくれ、人々がドアを開けてくれたことで、こうした特質を直接体験することができました。 エギル・オルセンと彼の飼い犬たちは、私たちを居間に招き入れ、首都の冬の夜のきらめく光を見渡しながら、私たちは火を囲み、ウィンブルドンでの苦悩と代表チームでの栄光の日々を再現しました。 ワールドカップ予選のラトビア戦を控えたウレバルでは、ジョン・アルネ・リーセが、いじめに遭った厳しい子供時代と、それがチャンピオンズリーグの栄光を手にする原動力になったことを話してくれました。 エリック・トースヴェットとは、コーヒーとシナモンパンを食べながら、トッテナム・ホットスパーズでポール・ガスコインと一緒に過ごした時の衝撃的なエピソードを聞くことができました。その後「サッカー界のグレタ・トゥンバーグ」ことモルテン・トルスビーがキャリアをスタートさせたクラブ、ILヘミングを訪れ、サンプドリアのミッドフィルダーに、破壊的な気候変動と戦うための活動について話を聞きました。 ノルウェーは、女子サッカー界において誇り高い歴史を持ち、男女の代表チームが同じ報酬を受け取ることを保証しています。 ノルウェー史上最高の選手に選ばれたヘゲ・リーセが、ワールドカップ、ヨーロッパ選手権、オリンピックでの金メダル獲得について話してくれました。さらに、FCバルセロナでプレーした初のノルウェー人選手、キャロライン・グラハム・ハンセンにも話を聞いています。 サッカー協会会長のリセ・クラベネスは、わずか30分の持ち時間にもかかわらず、汚職、外交、そして彼女自身のボールへの愛情から生まれた世界中の誰もがサッカーを楽しめるようにする夢について、何時間も私たちと語り続けてくれました。 第7号では、Jan Åge Fjortoft、Ståle Solbakken、Mohamed Elyounoussi、Mathias Normann、Maren Mjelde、Martin Sjogrenなどの独占インタビューや「The Scream」を盗んだ選手の話も掲載されています。これはほんの手始めです。 ノルウェー編では、オスロから北極圏のボドまで、モルデ、アーレスン、ロフォーテン諸島を訪れ、どこに泊まり、何をし、何を食べるかを決めるのに役立つことでしょう。 <Information> Country: UK Language: English Size: 210×270mm <Profile> Glory 旅を軸に、フットボールの美しい側面を取り戻すことを目的にしたイギリスの雑誌。美しい写真で構成され、毎号一つの場所を取り上げている。これまでに取り上げた場所は、フェロー諸島、コソボ、スウェーデン、アイルランド、スイス、カタール。 https://www.instagram.com/glorymag_/

Sale Items