{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

OOF Magazine - Issue 9

1,870 JPY

About shipping cost

OOF第9号は、サッカーが大嫌いな人による特集です。 デヴィッド・シュリグリーはサッカーが嫌いです。彼の絵の中でそう描かれています。マリア・ラスニグも好きではありませんでした。エミール・サモリー・フォファナはサッカーを問題視し、マティア・グァルネラ・マッカーシーは暴力的だと考え、A.S. Velascaは感情を失ったと言い、イチェル・コルクフーンもあまり好きではない(ルーク・バートンはかなり好きだが)。しかし、このような嫌悪感があるにもかかわらず、9号に登場するアーティストたちは、サッカーを中心に、深く、情熱的な作品を作り上げています。それは、サッカーが現代生活の狂おしいほどのフラストレーションとプレッシャーを映し出すために使われることとも言えます。シュリグリーが言うように、「サッカーを無視したいけど、無視できない」のです。 OOF ISSUE 9 is here and it bloody HATES football. David Shrigley hates football, he says so in one of his drawings. Maria Lassnig wasn't a fan. Émile-Samory Fofana has issues with it, Mattia Guarnera-MacCarthy thinks it’s violent, A.S. Velasca reckon it’s lost all its emotion and Ithell Colquhoun didn’t much care for it either (Luke Burton quite likes it, though). Despite this shared contempt, each of the artists in issue nine has created a deep, passionate body of work with football at its beating heart. That’s what this issue is all about - how football can be used to reflect the maddening frustration and pressures of modern life. Like Shrigley says: football, I wish I could ignore it, but I cannot ignore it. <Information> Country: UK Language: English Size: 160×240mm Pages: 80 <Profile> OOF アートの文脈からサッカーにまつわる事象を紐解くイングランド発祥のフットボールカルチャー誌。様々なアーティストの表現するフットボールとアートの融合によって、見るものに新たな視点を提供する。 https://www.oofmagazine.com/ https://www.instagram.com/oof_magazine/