OOF
OOF Magazine - Issue 7
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

OOF Magazine - Issue 7

1,870 JPY

About shipping cost

悲劇、ドラマ、カタルシス、悲しみ、そしてたくさんのパイントビール。7号目はワイルドな一冊になりました。 スコットランドのアーティスト、トラッキー・マクラウドが、男らしさの問題に疑問を投げかけるためにサッカーを利用することについて話し、作家のポーラ・アクパンが、ドナルド・ロドニーによるジョン・バーンズの描写の現代的な人種問題を考察し、ローズマリー・ワウが、パフォーマンスアーティストのローザ・ヨハン・ウドウに、資本主義に言及する彼女のアートワーク/ スラッシュ / サッカーの試合について話します。 サッカーが芸術にどのような影響与えるか分析するガイ・オリバーと、作家のルイーズ・ベンソンとの悲しみと家族の愛に深く関わっている画家のエマ・カズンによって、それはすべて個人的なものにもなります。さらに、プロのゴールキーパーとしてのエドゥアルド・チリーダの若さ、キリアン・エムバペのスクリーンショットの感情的な響き、そしてサッカーの彫刻が単なるサッカーの彫刻ではない理由を見ていきます。 Tragedy, drama, catharsis, grief and a lot of pints: OOF issue seven is here, and it's a wild one. Scottish artist Trackie McLeod talks about using football to question issues of masculinity, writer Paula Akpan looks at the contemporary racial dynamics of Donald Rodney's depiction of John Barnes, and Rosemary Waugh talks to performance artist Rosa- Johan Uddoh about her artwork-slash-football match that tackles capitalism, two footed. It all gets personal too, with Guy Oliver dissecting how football impacts his art, and the painter Emma Cousin going deep on grief and familial love with the writer Louise Benson. Plus we look at Eduardo Chillida's youth as a professional goalkeeper, the emotional resonance of a Kylian Mbappé screenshot and why a sculpture of a football is never just a sculpture of a football. <Information> Country: UK Language: English Size: 160×240mm Pages: 84 <Profile> OOF アートの文脈からサッカーにまつわる事象を紐解くイングランド発祥のフットボールカルチャー誌。様々なアーティストの表現するフットボールとアートの融合によって、見るものに新たな視点を提供する。 https://www.oofmagazine.com/ https://www.instagram.com/oof_magazine/