OOF
OOF Magazine - Issue 5
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

OOF Magazine - Issue 5

1,870 JPY

About shipping cost

第5号では、サッカーが非常に多くの人々に提供する感情的なセーフティネットについて掘り下げていきます。表紙を飾ったのは、セネガルの素晴らしい写真家、オマー・ビクター・ディオプで、彼のインタビューも掲載されています。ジャスティン・ハモンドは、マーティン・アンデルセンの試合前のいたずら写真に目をつぶっています。ローズマリー・ワウは、コービン・ショーのサッカーフラッグにおける男らしさについて探り、リディ・アブレイクリーは、デリア・スミスが現代のアイコンである理由を教えてくれます。他には、オリット・ガットがデレ・アリの写真について芸術理論に落とし込んだり、エディ・フランケルがウイリアム・レジナルド・ハウ・ブラウンによるFAカップ決勝の見事な絵について、群衆とバクテリアを例に比較しています。 Issue five of OOF dives down into the emotional safety net that football provides for so many people. On the cover, we've got the amazing Senegalese photographer Omar Victor Diop, interviewed by Ayodeji Rotinwa. Deeper in the mag, Justin Hammond gets all misty-eyed over Martin Andersen's photos of pre-match mischief, Rosemary Waugh explores the unravelling of masculinity in Corbin Shaw’s football flags, and Lydia Blakeley tells us why Delia Smith is a modern icon. Elsewhere, we've got Orit Gat dropping some art theory on a photo of Dele Alli and Eddy Frankel comparing crowds to bacteria in William Reginald Howe Browne's stunning painting of a Wembley FA Cup final. <Information> Country: UK Language: English Size: 160×240mm Pages: 84 <Profile> OOF アートの文脈からサッカーにまつわる事象を紐解くイングランド発祥のフットボールカルチャー誌。様々なアーティストの表現するフットボールとアートの融合によって、見るものに新たな視点を提供する。 https://www.oofmagazine.com/ https://www.instagram.com/oof_magazine/