OOF
OOF Magazine - Issue 4
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/5

OOF Magazine - Issue 4

1,650 JPY

About shipping cost

第4号の表紙には、ジュノ・カリプソによる作品「祝賀の不必要かつ過剰な展示」が掲載されています。誌内には彼女のフットボールにインスパイアされた新たな作品が他にも載っていて、美術史家のベン・ストリートが、芸術におけるピンクの歴史がジュノの作品の肉厚な布地にどのように反映されているかを教えてくれています。エディ・フランケルは、1992年に起きたアーセナルの「ノースバンク壁画」を取り巻く神話の中の真実を探求し、マーク・ウォリンガーは彼の人生と仕事の中でのサッカーの役割についての物語を共有してくれています。他には、ローズマリー・ウォーはルネ・マグリットの「ラ・プレゼンテーション」を鑑賞し、VARによって生まれる究極に真実に基づいたスポーツの有効性に疑問を投げかけます。 Slapped on the front of issue four is ‘An Unnecessary and Excessive Display of Celebration’ by Juno Calypso. There's more of her new football-inspired series inside, where art historian Ben Street tells us how the whole history of pink in art is written into the fleshy fabric of Juno's work. Eddy Frankel searches for the truth in the myth surrounding Arsenal’s 1992 North Bank Mural, while Mark Wallinger shares stories about the role of football in his life and work. Elsewhere, Rosemary Waugh checks out René Magritte's La Représentation and questions the validity of VAR's hyper-truthful version of events. <Information> Country: UK Language: English Size: 160×240mm Pages: 84 <Profile> OOF アートの文脈からサッカーにまつわる事象を紐解くイングランド発祥のフットボールカルチャー誌。様々なアーティストの表現するフットボールとアートの融合によって、見るものに新たな視点を提供する。 https://www.oofmagazine.com/ https://www.instagram.com/oof_magazine/