OOF
OOF Magazine - Issue 3
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/4

OOF Magazine - Issue 3

1,650 JPY

About shipping cost

OOF 3では、世界中の人々の心の中で核爆弾のように爆発する擬似宗教的なサッカーの熱狂について特集しています。サム・テイラー・ジョンソンの「David」(真のスポーツアイコン、デイビッド・ベッカムのビデオポートレート)とアシュリー・ホームズの「Panini Series」(マスメディアによる黒人サッカー選手の悪魔化を表現する作品)に焦点を当て、この号では様々な姿で表れる執着について議論します。 元スパーズ、アヤックス、ハンブルクのボスであるマーティン・ヨルは、彼のアートコレクションに対する深い情熱を語り、有名なビデオアーティストのポール・ファイファーは、サッカーの「ひどい」美しさについて説明してくれています。他にも、アン・ベロニカ・ヤンセンの「ベルリン-バルセロナ」における幽霊のような動作や、マッシモ・フランの強迫的孤独について、そして強固なディナモ・キエフファン達が示す不屈の献身について考察しています。 OOF 3 deals with the quasi-religious mania which football sets off like a nuclear bomb in the hearts of people around the world. Focusing on Sam Taylor-Johnson’s 'David' (a video portrait of a true sporting icon) and Ashley Holmes’s ‘Panini Series’ (a set of reworked images reflecting the demonisation of black footballers by the mainstream press), issue three deals with obsession in its many guises. Former Spurs, Ajax and Hamburg boss Martin Jol talks about his deep passion for art collecting, while renowned video artist Paul Pfeiffer explains the 'terrible beauty' of football. Elsewhere, we consider the ghostly movements of Ann Veronica Janssens' 'Berlin - Barcelona', the obsessive solitude of Massimo Furlan, and the unyielding devotion shown by a hardened group of Dynamo Kyiv fans. <Information> Country: UK Language: English Size: 160×240mm Pages: 74 <Profile> OOF アートの文脈からサッカーにまつわる事象を紐解くイングランド発祥のフットボールカルチャー誌。様々なアーティストの表現するフットボールとアートの融合によって、見るものに新たな視点を提供する。 https://www.oofmagazine.com/ https://www.instagram.com/oof_magazine/